きまぐれ更新局

気まぐれに色々なことを書いたりしています。

2005-06

S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

<< 2005-05 2005-07 >>

Archive

Link

Author

【管理人】亜美

【管理人】亜美

リンクや画像等に不都合や
不具合がございましたら
お知らせ下さい。
直ちに対処致します。

<center>↓↓私のHPです↓↓
<A href="http://www.geocities.jp/aminismer/" target="_se


--.--.-- --

スポンサーサイト [スポンサー広告]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005.06.16 Thu

●チビ成長記5 [動物]

お久しぶりです。
実はコレ書いてるの10月16日です。実に4ヶ月以上更新滞っておりました。まぁ、きまぐれ更新ですから。。。
ところで、この写真のチビは実にかわいいですね。今の写真を見せるのが非常に怖いですが。
まぁ、今でもかわいいんだけども、やっぱり大きくなっちゃうと。。。ねぇ?
順を追って少しずつでも写真UPしていきたいと思います。でも、あんまり撮ってないんだけどね。
気長にお待ちください。
あと、映画は映画で別のブログ始めようと思ってます。
移動したらお知らせします。
いや、移動しないかもだけども。。。
スポンサーサイト

2005.06.15 Wed

●電車男 [映画]

TRAIN_MANs.jpg製作国:日本
配  給:東宝
公開日:2005/06/04
監  督:村上正典
脚  本:金子ありさ
原  作:中野独人
出  演:山田孝之
     中谷美紀
     国中涼子
     瑛太

〔ストーリー〕
22歳男、彼女いない歴22年、システムエンジニアの彼(山田孝之)は、一目でわかるオタク男。
ある日、彼は電車の中で酔っ払いにからまれている美女(中谷美紀)を助ける。お礼をしたいから連絡先を教えてくれと言われ連絡先を教えた日、彼はその出来事をチャットで『電車男』というハンドルネームでチャット仲間に話す。モテない男はその美女に恋をしてしまったが、チャット仲間は「何も起こるわけがない」とからかう。
しかしその後、彼女からエルメスのティーカップが送られてきたからさあ大変!『電車男』はこのチャンスを物にできるのか・・・?!

〔レビュー〕  満足度 ★★★★★☆
最初は「ああ、あの2ちゃんねるから飛び出た話ね」くらいしか知らなくて、全然期待してなかったんです。だって2ちゃんだもん。
ネットをしてる方は『2ちゃんねる』という存在をご存知の方も多いかと思いますが『2ちゃんねる』というのはネットに存在する巨大掲示板サイトのことです。その掲示板で使われる言葉、『2ch用語』が結構出てきます。知りたい人はグーグルとかで検索かければすぐ引っかかるので、とりあえず映画の話に進みます。

私としてはもう一回見たいと思ってしまった程好きになった映画です。
「えー!これで?」
と思う人もいっぱいいると思いますが、いいんです、これで。
何で好きになったか自分でもよくわからないんです。。。
ただ、チャット仲間が7人しかいないのは少なすぎると思ったし、駅のホームで仲間が電車男を励ますシーンは長すぎる&感情移入できないと思ったし、その他もろもろ「このシーンはもっと短くていいんじゃない?」とか「この場面はいらない」と思った箇所も結構ありました。
だいたい、この電車男は全然ブサイクじゃないし、彼女なんてその気になれば作れそうだしね。
その点はやっぱり現実味がないのかもしれません。
なんてそんなこと言い出したら映画が成り立たないじゃんってね。。。

連ドラの恋愛物とか好きな人は気に入る映画じゃないでしょうか?
と言っても私は連ドラなんか全然見ないのに気に入っちゃたけど。。。

2005.06.12 Sun

●耳をすませば [映画]

製作国:日本
配  給:東宝
公開日:1995/07/15
監  督:近藤喜文
脚  本:宮崎駿
原  作:柊あおい
声  優:本名陽子
     高橋一生
     小林桂樹
     露口茂

〔ストーリー〕
本を読むのが大好きな中学生の女の子、月島雫(声・本名陽子)はある時、学校の図書館で借りた本にはさんである図書カードに何度も同じ名前を見かけることに気付く。
その名前「天沢聖司」と言う名前の男子に、淡い恋心を抱くのだが、実際の天沢聖司(声・高橋一生)は、性格の悪い、ヤなヤツだった。

〔レビュー〕  満足度 ★★★★☆☆
言わずと知れた『スタジオジブリ』製作のアニメ映画ですが、これは柊あおいさんという少女漫画家さんが書かれた原作を元に、アニメーション製作されたものですね。
いや、それも有名か。。。
それと、チラシの背景に書かれてある絵、映画の中でも出てくる場面ですが、井上直久さんという画家さんが描かれた『イバラードの世界』の絵が使われております。
ってこれも有名か。。。

それにしてもこの映画、割と好きな映画ではありますが、いかんせん中学生にも関わらず、最後の聖司くんのセリフがいただけません。
ちょっと先走りすぎですね。
もしかして私が歳取った証拠ですかね…?
関係ないけど、高校の頃、この映画の主題歌「カントリーロード」を編曲し、クラス全員で合唱コンクールで歌いました。
いい思い出です。(多分)

私は夏になると、なぜかこの映画を見たくなります。
そういうことってないですか?
そろそろ夏ですから、またDVDを見るでしょう。

レビューといえないレビューでした<(__)>

2005.06.11 Sat

●うちのペット [動物]

このブログには猫のチビクロしか載せてないけど、うちには
もう一匹ペットがいます。
じゃーん。くまごろうでーす。
くまと出会ったのは私が高校生のとき。
学校の帰宅途中、テクテクと歩いていたら、前方の道端にこいつがいました。道の真ん中にでーんと座ったまま動かないんです。私は周りを見渡して、飼い主がいるのか調べました。しかし、飼い主らしき人は見当たりません。
と、そこへ1台の車が。
それでも避けないこいつ。
足を怪我してるんだろうか?と思ったので、抱っこして道の端っこに避けてあげました。
人懐っこい感じだったし、多分飼い犬だろうと思ってそのままにして私はまた歩き出しました。
その後をついてくるこいつ。
他にも帰宅途中の生徒なんかがたくさんいるのに、私の後ろからピッタリついて離れません。
その時、うちには既にもう一匹犬がいました。
じゃーん。よしおでーす。
こいつです。(元写真が小さいのでクリック拡大できません。。)
(2003年4月に亡くなっちゃいましたが(;_;))
なので、ついてきてもらっても飼えないんだよーと言ってみたところで言葉は通じず。
だんだんと帰宅する生徒が増え、中には「かわいー♪」と言って触っている人もいたので私はここぞとばかり
「捨てられてるみたいだから飼わない?」
と、変な勧誘のごとき口調で(しかも捨てられてると勝手に解釈してるし)みんなに声を掛けまくりましたがやはり飼える人はいなくて、みんなが無責任に帰っていく中、私は途方に暮れました。
私も放ってさっさと帰っちゃえば良かったんでしょうけど、でもずっとついてくるし…。抱っこしちゃったのが悪かったんだろうな。。。と思いながらどうしようか一生懸命考えたけど、他の人たちは飼ってくれそうもない、かといって放って置くのも気が引ける。やっぱりダメもとで連れて帰ってみようと思い、抱っこして帰りました。

でも、私の親は意外に動物好き。しかもこの愛くるしさ。
絶対イケル!!とは内心思ってたんです。
意外に小ズルイ私。
案の定うちの両親は2人してバカっかわいがりっぷりを発揮してくれました。かくしてくまごろうこと通称くまはうちの家族に仲間入りしたのでありました。

あ、よくよく考えたらプロフィールのところに小さい頃のかわいいくまが貼ってあったね。
ね?愛くるしいでしょ?
今はすんごいデカくなっちゃったけどね。

2005.06.09 Thu

◆今思ってること [日記]

なんか今日はやけに暑くて、まだ6月になったばかりだと言うのにクーラーつけちゃいました。
おかしいよ、この暑さ。
そろそろ梅雨入りって言ってるけど、雨が降る様子ありません。

全然関係ないんだけども、今現在やたらと蚊に刺されまくってます。
腕に2ヶ所、ふくらはぎの所に1か所、そしてなぜか足の甲に2ヶ所。
なんで足の甲?
そんなことより、蚊に刺されまくってるのに気付かない私は鈍いんだろうか?敏感な人は、蚊に刺されてる瞬間わかるって言うけども、私はわかんないよ。
やっぱ鈍いんだな。。。
かゆくなけりゃ、いくらでも血なんか吸わせてあげるのに。
そういえば、『かゆい』って感覚は『痛い』の手前なんだって聞いたことあるけど。『痛い』ってとこまでいかないから『かゆい』ってなっちゃうんだって。聞きかじりだから間違ってるかもしれないけど。
でも、どっちかっていうと私は『かゆい』より『痛い』の方がいいなー。
でも、すんごい痛かったらイヤだけど。。。
結局何が言いたいのかっていうと、暑いから窓開けるんだけど、蚊が入ってくるのは困るなってこと。
うち、網戸壊れてんだよね…。

本当はもう寝たいんだけど、暑いのと、下の階のカラオケスナックでバカみたいにでかい音量で、これまたどうしたんだってくらい下手な歌が聞こえてきてるので、ムカついて眠れない。
そういえば「風俗営業法」って知ってます?
午前0時を過ぎると、営業しちゃいけないって決まってるの。
店舗とか地域によって色々違うみたいなんだけど、うちの地域は午前0時以降は、女の人を使っての接客、客による遊戯の使用は禁止なんですよ、厳密に言うとね。
だから、カラオケやっちゃいけないし、そもそも午前0時を過ぎてから営業してちゃいけないってことなんですよ。
ま、下の階の店は守ってないけどね。
あんまりガチガチに法律で固めるのもどうかと思うけど、その人たちだって生活があるんだし、でも、人が寝る時間帯なんだからそれくらい考慮してくれよと思う。

あ、グチになっちゃった。

2005.06.06 Mon

●フォーガットン [映画]

製作国:アメリカ
配  給:UIP
公開日:2005/06/04
監  督:ジョセフ・ルーベン
脚  本:ジェラルド・ディペゴ
出  演:ジュリアン・ムーア
      ドミニク・ウェスト
      ゲイリー・シニーズ
      アルフレ・ウッダード


〔ストーリー〕
飛行機事故で息子を亡くした母親のテリー(ジュリアン・ムーア)は何ヶ月も立ち直ることが出来ず、カウンセラーに通うも思うように成果は出ず、毎日息子の形見を取り出しては思い出に浸る毎日を送っていた。
ある日、テリーは家族3人で撮った写真から息子が消えているのを見つける。夫のジム(アンソニー・エドワーズ)に写真を取り替えたのかと腹を立てるが、ジムはそんなことしていないと言う。それから異様な出来事が起こり始める。
息子のアルバムから写真が全て消え、息子を撮ったビデオは全て消え、挙句の果てには、ジムも医者も「子供なんか最初からいなかった。全てテリーの妄想だ。」と告げる。
そんなはずはないと、テリーは息子の存在を証明するために調べ始めるのだったが・・・。

〔レビュー〕  満足度 ★☆☆☆☆☆
これは『X?FILE』ですか?
いつ、モルダーとスカリーが出てくるのかわくわくしてましたけど、
出ませんでした。(当たり前)
まさか、こんな駄作とは。。。
ある意味衝撃的なスリラーです。
色々なところでレビュー書かれてるだろうけど、もし見てない方で今から見ようかなという人、やめた方がいいです。
お金の無駄&時間の無駄です。
あの、やたらと人が飛んでいくシーンがツボにはまってしまって、笑いを堪えるのに必死でした。
一緒に行っていた母は寝てるし、しかも寝言言うし。
映画館でかなり恥ずかしい思いをしました。
こんな映画は早くフォーガットンするべきですね。

つまらんな、シャレも映画も。。。
ちなみにコレがもう一枚のチラシ画像ですが、初めてコレ見たとき、私はジュリアン・ムーアがマラソン選手の役でもするのかと思いました。
それにしても、『シックス・センス以来の○○』ってコピーはいつまで使われるんでしょうね。

ただそんだけ。

2005.06.05 Sun

●ミセス・ダウト [映画]

製作国:アメリカ
配  給:FOX
公開日:1994/04/09
監  督:クリス・コロンバス
脚  本:ランディ・メイエム・シンガー
出  演:ロビン・ウィリアムズ
     サリー・フィールド
     ピアース・ブロスナン



〔ストーリー〕
売れない役者のダニエル・ヒラード(ロビン・ウィリアムズ)は、仕事の面接に行っても落とされ、家にいては率先して子供とはしゃぎまくるという夫だった。頭にきた妻のミランダ(サリー・フィールド)はついに離婚を決意する。別居を言い渡されたダニエルは、子供会いたさになんと女装して「ミセス・ダウトファイアー」と名乗り、家政婦としてヒラード家に潜入することに成功。しかし、ミランダに恋のライバルが出現する。
ミセス・ダウトファイアーはどうするのか?
ヒラード家はどうなってしまうのか?

〔レビュー〕  満足度 ★★★☆☆☆
個人的には好きな映画ですが、R・ウィリアムズが自分勝手過ぎる。
夢がないと言っては仕事を辞め、子供達の為とは言え度を過ぎた乱痴気騒ぎ、恋敵にはあれやこれや汚い手を使いまくり、挙句の果てには子供の親権は俺のもの発言。女装して家に侵入するという行為自体異常なので、奥さんの心痛は計り知れません。
ただ、裁判所での台詞で全て報われるような気がします。
それほど子供が大事で、大好きで、かけがえのないものと言う意思は伝わってきます。
終わりよければ全て良し、と言うところでしょうか。
完全なハッピーエンドじゃないところも現実味があっていいですね。

全然関係ないですが、私は真ん中の男の子が好きです。

2005.06.03 Fri

●キングダム・オブ・ヘブン [映画]

製作国:アメリカ
配  給:FOX
公開日:2005/05/14
監  督:リドリー・スコット
脚  本:ウィリアム・モナハン
出  演:オーランド・ブルーム
      エヴァ・グリーン
      リーアム・ニーソン
      ジェレミー・アイアンズ
      エドワード・ノートン

〔ストーリー〕
鍛冶屋の青年バリアン(オーランド・ブルーム)は、妻子を亡くし、日々もくもくと工場の仕事をこなしていた。
ある日、エルサレムへ遠征途中の十字軍の騎士団がバリアンの鍛冶場へ訪れる。その騎士団を指揮しているゴッドフリー(リーアム・ニーソン)からバリアンは衝撃の告白をされる。
なんとゴッドフリーはバリアンの実の父親だと言うのだ。
ゴッドフリーはバリアンに遠征に加わるよう勧めるが、バリアンは断る。しかしある出来事に出くわし、バリアンは十字軍へ加わることになる。
エルサレムへの長旅の中では次々と困難が訪れ、それを乗り越えていくたびにたくましく成長したバリアンは、ついにエルサレムへたどり着く。そこでエルサレム王(エドワード・ノートン)に面会したバリアンはエルサレム王に仕え、忠誠を誓う。
しかし、エルサレム王のまわりには反乱を企てる者もいた。
バリアンは父、ゴッドフリーの勇敢で高潔な騎士の血を受け継ぎ、忠誠を誓ったエルサレム王のために立ち向かっていく。

〔レビュー〕  満足度 ★★★★☆☆
リドリー・スコットが監督した作品には景色の中にやたらと霧が出てくる、と彼氏に聞いていたので、その辺を注意しながら見てましたが、さすがに砂漠という設定で霧は無理だったのか、やたらと砂煙が立ってました。森の中ではゴミ(?)か埃かなにかが舞ってました。
映画はと言うと、結構良かったです。
ただ、なぜバリアンとエヴァ・グリーン扮するシビラ王女が恋に落ちたのかがさっぱりです。
あれじゃ、ただ単に寂しい女が男を漁っているようにしか見えない。
でも、どうもカットされたシーンもあるみたいで、その2人の描写のところがカットされてるのかもしれません。
エルサレム王はずっとマスクをかぶっているので、映画館で見てる間中、一体誰がやってるんだろう?と思って、最後のスタッフロールまで粘って見てたんですけど、スタッフロールが流れるのが早くて見逃してしまい、帰ってから調べたらエドワード・ノートンだと言う事を知りびっくりしました。
映画の中ではずっと仮面かぶってたような気がするのですが、顔が出ない役にこんな俳優を当ててたとはまた驚きです。
もしかして私が気付かなかっただけで、チラリと顔は見えたのだろうか…?

いつも私は映画館で見ると、決まってトイレに立つことが多いのですが、2時間30分近くあった映画なのにトイレに行かなかったのは集中して見たせいでしょうか。
時間が経つのをあまり感じさせない映画ではありました。

2005.06.01 Wed

●チビ成長記4 [動物]

もう6月に入ってしまいました。
ずっと更新してなかったけど、写真だけは撮ってます。
とりあえず、写真がたまってたので写真だけでも・・・。

チビクロが母に抱っこされておとなしかったので、シャッターチャンスとばかりに撮った写真2枚です。
左の写真は「ん?」って感じですが、右の写真は確実に私を威嚇しています。「きしゃー!!」って感じ。
ちなみに2枚とも間違って逆向きに貼ってるわけではありません。

これは、クウガだかなんだかわかりませんが、仮面ライダーの人形にじゃれてる写真です。
目がだいぶ見えるようになってきて、赤とか黄色とか、目に付きやすい色に反応するらしく、最近はこの人形がターゲットになってるみたいです。
ちなみにこのおもちゃは、甥が「チビクロの遊び相手に」と言ってわざわざ自分のおもちゃ箱から引っ張り出してきてプレゼントしてくれた物です。
これは、この間買った猫用のおもちゃ『七転び八起き』っていう商品で、重りがわりについたボールに棒が付いていて、その棒にねずみのおもちゃが付いているという代物。それを抱きかかえて遊んでいる様子です。
コレを使って遊ぶとかなり興奮した様子で、飛んだり跳ねたりと大忙しです。
気に入ったようでよかったです。

最後は、母に抱っこされてミルクを飲むチビクロです。
離乳食も食べれるようになったけど、まだまだミルクは必需品のようです。
なぜかチビクロは、ミルクを飲むとき目がすわってます。
一心不乱に飲んでいるせいかどうかわからないけど、かなり怖いです。
とりあえず、こんな感じで成長してます。
Skin:Babyish-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。